セールスコピーライターの里見です。

 

今日はお金を受け取る罪悪感を

消し去るお話をします。

(↑※札束をみて笑みを浮かべるナースです)

 

僕も仕事柄セールスや

お金を受け取ることについて考えたりしますし、

あなたも当然お金を受け取ることがあるでしょう。

 

少し話がずれますがLPの添削やレビューをお願いされる時があり

「売り込み感を無くそうと思って書きました」

みたいなことを言われたりもします。

 

また売り込みと思われないようにするには

どうしたらいいでしょうか?

みたいな相談もされたりもします。

 

ここで僕は違和感を感じるわけです。

 

売り込みって悪いことなの??

 

この問いに対して僕は必ずこう答えます。

それは・・・

売り込みは悪くない

はっきり言います。

売り込みは悪くありません。

 

他の人がどう思うかは知らないですがw

僕はそう思っています。

 

その理由を今からお話をします。

 

そもそもビジネスの本質とはなんでしょうか?

色々な考え方があるでしょうが

僕はこう考えます。

 

人の問題を解決して、

その対価としてお金をもらうこと。

 

つまりは価値と価値の交換なわけです。

 

お客さんは自分の悩みや問題を解決できて

理想の変化を手に入れることができる。

 

売り手は提供した商品でお客さんを幸せにして

その対価でお金をいただく。

 

ここにはどちらが上とか下ではなく、

対等な関係であり、

お金をいただいたことで相手を幸せにしています。

 

売らないことが不幸にする?

そしてこれがとても大事なことなのですが

あなたの商品がなければ

お客さんは理想の未来を手に入れることができないです。

 

当たり前の話ですが

あなたは素晴らしい商品を提供していますよね?

(商品が良い、素晴らしいなんてのは大前提の話です!)

 

その素晴らしい商品を

お客さんは知らないとどうでしょうか?

お客さんにとっては不幸ではないですか?

 

あなたの商品を買うことで得られる変化や結果を

お客さんは手に入れることができないわけです。

 

あなたが売るのが遅れれば

それだけお客さんの変化は遅くなりますし、

場合によっては一生理想の状態を手に入れることが

できないかもしれませんよね。

 

だからこそあなたはお客さんに

最短、最速で商品を売らなくてはいけません。

 

もちろん粗悪な商品だとか

詐欺商品なんかを売ってはいけません。

 

そういう商品を売るのであれば

それはお客さんからお金を奪うことになりますが

 

そうでないのであれば

売ることでお客さんを幸せにすることができます。

 

お客さんは売られたいのです。

お客さんはお金を支払いたいのです。

 

お金を支払うことで

お客さんは満足を手に入れることができることも

覚えておいてもいいでしょう。

 

お金は払ったもん勝ち??

またもう一つの観点として、

お金を支払った方が豊かになれる、

という価値観です。

 

これはどういうことかと言うと

まあその通りなんですがw

 

例えばあなたが10万円の商品を提供したとします。

あなたの元には10万円の現金が手に入りますね。

 

一方でお客さんの元には何が手に入るのか?

 

まずは10万円分の商品が手に入る。

これは当然ですね。

 

そして10万円分の商品プラス

悩みや問題が解決する、

という結果や変化が手に入ります。

 

そしてこれはお客さんの人生において

その後も続くわけです。

 

お金をもらう方はお金が手に入るだけですが

お金を払った方は、

お金と同じだけの商品と

さらに変化も受け取ることができるわけです。

 

例えば服装のセンスがなく困っている人に

ファッションコンサルタントとして

服装選びのコツなどをコンサルするサービスを販売したとします。

 

お客さんの体系や印象に合う服の選び方や

オススメのショップなどを教えたりします。

 

お客さんはコンサルタントに頼るだけではなく

その後に自分で自分に合うファッションを選べるようになる。

 

これまでダサかったファッションが

オシャレになることで

 

人前で自信がついたり

モテるようになったり

仕事でもうまくいくようになったりするかもしれませんね。

 

このように商品というのは

お客さんの人生をよくするものであり、

それを売ることはとても素晴らしいことなのです。

 

お客さんもそこに価値を感じて

お金を払ってくれるわけなので

負い目を感じる必要もないですし、

 

あなたは堂々と売ればいいわけです。

 

別の視点から考えれば

こんな風にお客さんの人生を長く関われるような

商品を作ることで価値を感じやすくなってもらいやすくなりますね。

 

価値を感じやすくなるということは

単価が高くできる、

というわけです。

 

もし単価アップをしたいけど

どうすれば良いかわからない・・

という方がいれば参考にしていただければと思います。

 

いかがだったでしょうか?

今回の話はコピーライティングの話から少し離れていますが、

起業家、経営者として売る罪悪感は圧倒的に邪魔になってしまいます。

 

こんなこと書いて変に思われないかな?

売り込みっぽく感じられないかな?

そう思う根本には

売り込みは悪である。

 

という感情があるからなんです。

その感情を自分で認め、

売ることは悪ではない。

 

お客さんを豊かにするものである。

むしろ売らないことこそが

ビジネスの世界では悪である。

 

こんな考え方を持ってみては

いかがでしょうか?

少なくとも僕はそう思っています。

 

あなたの考えや価値観に

何かの気づきやヒントがあれば幸いです!

 

今回は以上です。

それでは、また!!

 

 

LINE友だち追加後にキーワード
「コンセプト」で見込み客の心をわしづかみにする「コンセプトライティング有料動画」を無料プレゼントするのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です