こんにちは^^

年間売上を3倍に上げる事業仕組化の
専門コンサルタント 藤井悠平です。

ボスマガをいつも読んでいただき
誠にありがとうございます!

今日は、勝どきの高級タワマン最上階を体験して、絶望した話・・・。

 

当時、僕は23歳。

ちょうど、資産運用専用の不動産投資物件や

保険の代理営業を事業としてやっていたころ。

ある、インターネットビジネスで成功している経営者と

打合せをするために、彼の自宅へ招待された。

 

自宅は、東京 勝どきの高級マンション。

それも最上階、58階。

生まれて初めて、タワーマンションの最上階へ行くことになった。

 

高級タワーマンションってこともあって、

ロビーを見渡すと、川のように水が流れていたり

商談ができそうな広ーいソファが、どーーんとあった。

 

その上で、小学生たちが横たわってゲームをしていた。

夕方の5時くらいだったから、マンションにする小学生たちだろう^^;

いろんな意味で、不思議な風景だった(笑)

 

エレベーターに向かっていくと、

まず第一段階の閉ざされた自動ドア。

 

インターホンを押して、自宅オーナーを呼び出して解除してもらった。

エレベーターに入ると、58個のボタンがずらーーと並んでいた。

 

どんだけ、ボタンあるねん・・・

 

これも初めての体験だった(笑)

高松で一番高いビルでも、サンポートのシンボルタワー 28階。

約2倍、高さが違う・・・。

 

58階のボタンを押すと、エレベーターが上がり始めた。

50階くらいかな、上がった時には 高層すぎて耳鳴りしていた。

 

え、、、マンションなのに耳鳴りするレベルの高さやなんて。

驚きながらも、エレベーターを降りると 二回目のの閉ざされたガラス張りのドア。

 

再度、自宅オーナーに連絡をして開錠をしてもらった。

そしてついに玄関へ。そこでもインターホンで開錠。

 

ここまで、3回も開錠するのにインターホンを鳴らしていた(笑)

ロールプレイングゲームのダンジョンかと思った。

58階の最上階には、有名人も住んでいるらしい・・・

 

実際に玄関をあけて、中にはいっていくと

リビングに通されて、横幅5メートルほどのガラス張りの開口から

東京タワーとスカイツリーの二つが見えていた。

 

とんでもない部屋だな・・・

と、思いながらもベランダで打合せをさせてもらった。

 

初めてのタワーマンションだったが

あまりテンションが上がっていない自分がいたことが不思議だった。

 

完全に個人的な感想になるけど、

高級タワーマンションの最上階に僕は興味がなかったらしい。

 

よくある、欲しい物リストとか描いてみると

タワーマンションの最上階に住むてきな項目を描いていたことがあるが、

実際はそこに住みたいわけじゃないんだ。

 

 

『そこに住んで何を得たいのか?』

ここが重要ってことに気付かされた。

 

例えば、高級タワーマンションに住む目的だ。

 

・若いねえちゃんにモテたい

・見栄をはりたい⇒優越感を得る

・稼いでいるというブランディングがしたい

・家族に喜ぶ姿がみたい。

・毎日綺麗な景色をみて、幸せに感じたい

 

すべて、目的というのは【感情を満たす】ところからきている。

 

 

だから、高級タワーマンションに住むことは『手段』だと理解した。

それによって得たい『目的』はなにか?

 

これの方が重要だ。

※これらすべて僕の個人的な価値観と意見なので(笑)

っで、なぜ高級タワーマンションに興味がなくなったのか?

 

僕は楽しく面白い仲間が周りにいて、

わいわい楽しく気軽にできるほうがいい。

 

東京のタワーマンションに住んでしまったら

香川の友達に合うことができないし、

タワーマンションから眺める東京の街並みよりも

高松の屋島とか五色台の山と瀬戸内の海を見るほうが好きだ。

 

僕が自宅を作るなら、友達やクライアントさんが

気軽に泊まったり遊びにきたりできる家を造るだろう。

 

どうすれば、楽しく、面白く、ワクワクするかが僕にとっては重要。

世間一般的に成功といわれているものが自分の欲しい物とは限らないんだ。

 

タワーマンションの最上階も、だれかそこに住みたい人がいるなら

貸すために所有はするかもしれない、賃貸したひとがそれで

大喜びしてくれるならそれがいい。

 

前に、友達と話していて

ランボルギーニって欲しいよな~

ってきな会話になった。

 

よくよく考えると、それを買って楽しくなるなら欲しい。

僕がランボルギーニを所有したら、友達に遠慮なく貸したい。

その体験が楽しそうだからだ。

 

貸した友達がランボルギーニを交差点で、右バンパーを思いっきり擦ったら。

僕は爆笑するだろう。その焦った友達と大笑いする。

 

デートで使ってもらっても構わない。喜んでもらえるだろう。

 

つまり、僕が手に入れたいモノや行動する先の感情には

楽しいとか面白い、ワクワクするっていう感情が生まれることが前提になっている。

 

だから、独りぼっちの高級タワーマンション暮らしには

一つも憧れを抱かない。それが僕が絶望した理由だった・・・

 

この経験をさせてもらったことに、僕は心から感謝している。

お金を稼いだり、増やしたり、守ったり、時間を自由にしたり

欲しい物を手に入れたり。

 

それは、すべて『手段』だ。

それを手にすることによって、実現したい状態は何か?

得たい感情は何か? これが『目的地』になる。

 

自分の行きたい理想の状態は、他の人とは全く違う。

目的地を見失わないようにしたいものだ。

 

今まで、沢山の“世間的にみたら成功した経営者”を見てきた。

年収何千万円!何億円だ!的な。

 

初めては、すげ~~~!

って思っていたけど、

徐々に気付き始めた・・・

 

『なんか寂しそう・・・』

 

僕の求めていた成功像ではなかった。

もちろんお金を稼ぐという点では成功者だ。

 

ただ、僕の求めている幼なじみの友達とか

腹を割って話していた仲間が周りにいない事に気づいた。

 

僕の成功とはそうじゃない。

僕は友達と楽しくワイワイできる環境が作りたい。

そのために事業を自動化するし、時間も使いたい。

 

これが、僕の行動をする先の目的地だ。

 

 

と、まぁこんなことを言うと、

『なんだ!若造のくせしやがって!偉そうに言うな!』

と、思う人もいるだろう。

 

であれば、今すぐこの記事を読むのをやめてほしい。

木曜日のボスマガだけは絶対に何があっても開いたり読んだりしないで欲しい。

 

これからも、こんな記事を鬼のように書き続けるからだ。

ただ、最後に一言だけ言わせてほしい。

 

 

僕のことは嫌いでも!!!

他のボスマガメンバーの事は

絶対に嫌いならないでくださっっっい!!!号泣

 

はい、今日はおしまい^^

今日も最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました!

それでは、また!!!

see you agein !!!

 

PS:

あなたが本当にやりたいことは何ですか?

PPS:

あなたが望む最高の状態は何ですか?

PPPS:

あと、命が3日しかないとしたら何をしますか?

PPPPS:

この答えが、本当の自分を見つけるきっかけになるかも?

 

 

LINE友だち追加後にキーワード
「コンセプト」で見込み客の心をわしづかみにする「コンセプトライティング有料動画」を無料プレゼントするのだ。

2 Responses to 23歳で勝どきの高級タワマン最上階を体験して、絶望した話・・・。

  1. 鈴木しゅん より:

    いいコラムだね。
    僕も世界一高いタワーの98階に住んでみた感想は…
    別にって感じだったわ。

  2. 藤井悠平 藤井悠平 より:

    しゅんさん、コメントありがとうございます^^
    実際に体験してわかることって大切だと思いました。
    何が大切か、何が人生で重要か、いい経験をさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です