現役内科医の大場修治です。

 

今回は医者と機械化、AIの話です。

 

あなたの業界もきっと今後、

機械化やAIの影響を受けるでしょう。

 

考えたことはありますか?

 

 

例えばお医者さんが行う診断。

 

 

医学部を出たばかりの研修医が行うよりも機械にさせた方が

 

良いことは20年以上前から言われていました。

 

今ではAIへのディーブ・ラーニングでさらに診断精度は上がり

 

普通の医者以上の精度になっていると噂されています。

 

しかも機械は疲れ知らずに24時間365日働いてくれます。

 

 

命に関わることがあるので、慎重に進められていますが、

 

今後20年で今いる医者の半分以上、多く見積もると8割くらい

 

必要なくなるかもしれません。

 

すでに弁護士はAIによって大半が職を失う直前まで来ています。

 

 

AIはすでに放射線科の行う読影や内視鏡での診断などで研究が

 

すすめられています。

 

私は今、内視鏡(いわゆる胃カメラや大腸カメラ)を行なっていますが

 

10年後から20年後には機械が行なっている可能性が高いです。

 

手術も機械やAIが助手、そしてメインの手術をする可能性もあります。

 

 

今でもAIではないですが、機械を使った遠隔での手術は行われています。

 

ダ・ヴィンチという機械で、心臓手術、大腸手術、前立腺手術などで

 

行われています。

 

今までは外科医が多く必要になっていましたが、腕のいい医者だけが

 

生き残れ、そして20年後くらいにはAIと比べられる時代になって来ます。

 

あなたの専門職、これから学ぼうと思っていることが機械で代わる

 

可能性は十分あります。

 

先を考えて学ばないと、仕事が機械に代わられてしまう可能性もあります。

 

ホームページのランディングページもAIが、広告もAIがこれから

 

さらに広がって来ます。

 

そうなる前に足元を見直し、準備をしましょう。

 

 

具体的には人にタッチする仕事、セラピストなどは一部は機械に

 

代わりますが、腕を磨けば生き残れる可能性が高いです。

 

 

 

LINE友だち追加後にキーワード
「コンセプト」で見込み客の心をわしづかみにする「コンセプトライティング有料動画」を無料プレゼントするのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です