こんにちは^^

年間売上を3倍に上げる

事業仕組化専門コンサルタント

藤井悠平です!

今日はボトルネックについて

ボトルネックとは、簡単に説明すると【限界値】

 

よくあるケースが、

自分がボトルネックになってしまうケース。

 

売上を伸ばすために、

たくさんの集客ができたとしても

営業の対応数に上限があっては対応ができない。

 

つまり売上が伸びないということ。

また、営業対応人数がたくさんいても

集客数がたりなければ、これも売上が上がらない

 

このような状況の中で、

一番危険なのは、

 

【自分自身がボトルネック】になること

 

これは、自分がコンサルタントをしていて

個別対面コンサルが商品になっているケースの場合

 

自分が対応できる人数には限りがあるため

自分自身がボトルネックとなり

売上が伸びないということになってしまいます。

だからこそ、このボトルネックに

【自分がならないように】ビジネスを想定する必要があります。

 

例えば、コンサルの場合、認定講師として

自分のクライアントで優秀な結果を出した人を

 

同じコンテンツを使ってもらって

コンサルティングをしてもらう講師になってもらったり

 

セミナーで伝えていることを動画や音声コンテンツにして

オンライン上で完結できる仕組みにする必要がある。

 

今、現状で、自分がボトルネックになっていないか

ぜひ再確認をしてみてくださいね!

 

それでは、また!

See you again!!!

 

LINE友だち追加後にキーワード
「コンセプト」で見込み客の心をわしづかみにする「コンセプトライティング有料動画」を無料プレゼントするのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です