こんにちは^^

年間売上を3倍に上げる
事業仕組化専門コンサルタント藤井悠平です!

今日は、僕がマックブックPROを
手に入れたという個人的なニュース(笑)

今まで、ウィンドウズ一択だった
この僕がついにマックブックを購入するとは・・・

今、パソコンを買い替えようと思っている方、
『俺は絶対にウィンドウズ派だ!』という方は、

すんごい役立つ情報かと思います。

ちなみに僕は、18歳から超高性能ウィンドウズノートパソコンを
活用していた。それも『フロンティア』パソコンの愛用者。

フロンティアパソコンとは、

組み立てをオリジナルでしてくれて
ハイスペックなパソコンを低価格で
手に入れることができるイケイケなパソコンメーカーさん^^

当時は資金もなかったから、
10万円以下でメモリー16G・Core7仕様のスペックを
ノートパソコンで得るためには最適のメーカーだった・・・

ただ、二点重大欠点があった。

・戦車並みの重量 約3kg~4kg

 

・アメ車ばりの燃費の悪さ 充電30分~1時間で終了(笑)

上記の二点は、非常に困っていた。

さらに極め付けは、マウスが必要・・・

タッチパネルだけでは
作業効率が悪すぎて話にならない。汗

 

でも、高性能パソコンなので
動画編集だろうがインターネットサーフィン
デザイン編集なんてものもなんのその!!!

大学時代の僕は、自宅でパソコンをメインに
使っていたから何の問題もなかった・・・

 

しか~~~し!

自分で独立をした後は、
もちろん出張が多いわけで。

外でノートパソコンを使う場面が続出。

そんな時の手順はまずこれ。

1:電源プラグを探す
→充電をしながらでないと電源が落ちる

2:充電コードを持ち運びするため、
総重量が3kgを超えてとても重い

→場所を取るので広いところを探さないといけない。

とまぁ、すごく使い勝手が悪かった。汗

 

そして、麻布の鈴木さんの事務所に
お邪魔したときも、この戦車型ノートパソコンを見た

鈴木さんから、

『そのパソコンはもう変えたほうがいいよ笑』

と、何度も言われてしまっていた・・・

それから、ついに決心!

Windows の最軽量ノートパソコンを買うぞ!!!

そう決心してからいろんなノートパソコンを
みながら検討し続けた・・・

ただ、一つ気になっていたのが。
そう、マックブックの存在だった。

今まで、鈴木さんもマックブックを使っているし、
イケてる経営者さんはマックブックを使っているじゃないか!

という、完全に独断と偏見が入った意見を
僕はちらっと意識していた。

でも、なぜそんなマックブックがいいのか?
まったく理解できなかった。

あれは、スタバ+マックブックがかっこいいからだ!
なんて個人的な偏見を抱えていただ自分がいた。

でも、周りの人からも
マックブックにしたほうがええ。

という意見が多かったので、

 

ついにマックブックProを購入することとなった。

ちなみに、メモリー16G+SSD500G超
Core7というハイスペックなものを注文してしまった。汗

『ん、3年間は絶対に使うから費用対効果は高い』

という暗示を自分にかけつづけながら
注文ボタンを押した。

そして、3日間くらいで
自宅にマックブックProが到着!

久々にテンションが上がった(笑)

初めてアイフォンを買った時のような、
新作のゲームを購入したような感覚だ。

届いた箱の中のベールを解き放ち
マックブックのアップルマークとついに対面!

やっぱり、フォルムがかっこいい・・・

手に取ってみると、その軽量さに驚いた(笑)

今までのパソコンは筋トレ器具かと改めて思った。

これで、ショルダーバックにいれて
簡単に持ち運びすることができると確信した。

あとは、実際に操作性だ。

マックブックのデスクトップを開くと
自動的に電源が立ち上がり初期設定が始まる。

こういった演出もアップルっぽいな~
なんて思いながら設定完了!

ついに、マックブックで仕事を開始だ!
と思ったものの、ものすごいやりにくい(笑)

Windowsではこうだったものが
マックブックでは操作が違うことが多い・・・

でも、マックブックの最大の操作性は
タッチパネルにあった。

マウスを使わずに、マックブックを使っている人は
すべてを完結している。前から知っていたのもの
使いづらいんじゃないか・・・

なんて正直思っていた。

実際に、マックブックのタッチパネルの使い方を
グーグル先生に聞きながら一つ一つ慣れていく。

操作に慣れるまで、2日~3日程度だった。

慣れた後は、驚愕の一言だ・・・

MacBook一台で、外出先の小さな机で
小さな隙間時間でパソコン仕事ができるようになった。

ちなみに、この文章も岡山駅の小さな休憩テーブルの上で
マックブックを開きながら軽快に書いている。

Wi-Fiを持ち歩いているから
いつでもパソコンで仕事ができる。

それも、充電なしで・・・

これは非常に作業効率が上がった。

今までは、重量に悩みながら
充電と格闘をしていたから外出先では
まったく仕事なんてできていなかった。

それが、マックブックを手に入れた瞬間
どこでもサクッと作業ができるようになったことは間違いない。

こういった差がビジネスに大きな差を生み出すのではないか。
なんてことを思いつつ、カッコつけながら書いている僕である(笑)

ただ、一個だけMacBookで操作に慣れなかったものがある。
それが、キーボードの自動変換機能だ。

僕はそう呼んでいるけど、この自動変換はなにかというと、
文字を打ち込むと自動的に文章に適した用語変換をして
Enterキーを押すだけで変換ができているというもの。

Windowsは、スペースキーを押して変換をするので
ついつい癖で、変換できている文章をスペースキーで
変換してしまい、まったく違う単語を打ち込んでしまうという問題が発生。

まぁ、これも速攻機能をオフにして対処した。

それからというものの、MacBookを使っての仕事が
格段に進むようになった。

今、ノートパソコンを変えようと思っているあなた。
Windows派のノートブックを死守しているあなた。

超Windows派だった僕がいうのだから間違いない。

ぜひとも、一度マックブックを選択の一つに入れて頂きたい^^

ここ数週間の作業効率が格段にあがって
テンションが上がる瞬間を楽しみにしています!

以上!

それでは、また!

See you again!!!

 

LINE友だち追加後にキーワード
「コンセプト」で見込み客の心をわしづかみにする「コンセプトライティング有料動画」を無料プレゼントするのだ。

2 Responses to 【マックブック最強説】

  1. さとう より:

    ほほう…!

    • 藤井悠平 藤井悠平 より:

      さとうさん、コメントありがとうございます^^
      マックブック、ノートパソコンなら本当使いやすいです。
      ぜひ検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です