こんにちは。

秘書の大矢です。

 

Facebookページでよくランチの写真をアップしています。

カレー・パスタ・カレー・パスタを繰り返してます。

 

炭水化物ばかりで

本当にお恥ずかしいのですが

最近ランチが楽しみで仕方ありません。笑

 

朝起きた瞬間から「ランチ何食べようかな…」と考えてしまいます。

 

 

でも毎日ランチをしてしまうと

お金もかかりますし、何より喜びが薄れてしまうんです。

 

だからランチは週に1回か2回。

それ以上は絶対にしません。

 

月曜日から金曜日の5日のうち、多くても2回のランチは

私を奮い立たせる一番の楽しみとなります。

 

「くだらない…」

なんて思われてしまいそうですが、

この適度な回数の楽しみがちょうどしっくりくるんです。

 

このしっくりくる感じですが、

ビジネスの中でもとっても重要だと思いませんか?

 

仕事仲間でも

上司でも

外注さんでも

お客様でも

 

しっくりくる関係になると、長いお付き合いができるのではないでしょうか。

 

今はAIとかネットとか言われていますが、

やっぱり最後は人間同士の気持ちのやりとりが重要になります。

 

信頼できるかできないか。

大きく言ってしまえば、好きか嫌いか。

 

やっぱり嫌いな人で信頼できない人と仕事をするより、

信頼できて好きな人と仕事をしたいですよね。

 

たまに部下に横柄な態度をとる社長や

外注さんに偉そうにする人など見かけることがありますが

 

心の中で

「絶対に一緒に仕事をしたくない…」なんて

思ってしまいます。

 

 

 

仕事の仲間もそうですが、

私のように1人で仕事をしていると

 

外注さんは大切な協力者です。

 

私の持っていない知識を持ち、

私の苦手分野をサポートしてくれる外注さんは

 

本当に大切な存在です。

 

だからこそきちんとお中元・お歳暮などを送り、

常にいい関係性を維持できるようにしています。

 

毛ガニ

横浜や麻布オフィス近くの有名なお菓子

図書カード

 

などなど。

 

 

贈り物をする会社があまりないようで、

外注さんに喜んでいただけることが多いです。

 

でも別にいやらしい気持ちで送るわけではなく、

本当に感謝とこれからも宜しくお願いします!という

気持ちで贈り物をしています。

 

だからと言って、

報酬の面では冷静に対応しています。

 

(どれだけ大切な外注さんでも

私も予算は死んでも守らないといけません!)

 

でも

 

普段から誠意を持って対応していると

例えば予算があまりない時なども快く対応してくれることもあります。

 

そんな時に

 

「本当に信頼関係は大切だな」と痛感してしまいます。

 

仕事は1人ではできません。

 

1人では限界があることも、

外注さんの手を借りればさらに裾野が広がります。

 

こんな発想もあったのか…

こんな視点もあるのか…

こんな技術があるのか…

 

とプラスになることがいっぱいです。

 

そして何より外注さんは

スケジュールが遅れません。

 

自分1人だと「まぁ明日やればいいか…」が繰り返され

いつの間にか予定がグッとずれていることもあります。

 

でも、

外注さんはきちんと納期に仕上げてきてくれます。

 

スケジュールの遅れはビジネスを鈍らせます。

 

資金の面だけではなく

会社の流れが停滞してしまいます。

 

ビジネスが加速してスピードが上がる感覚は

1人だとなかなか作り上げられないですよね。

 

外注さんなどの協力してくれる方々が

必要不可欠です。

 

常に停滞しないように

自分の信頼できるサポート体制を維持するということを

自分自身への課題として過ごすことが

 

私のサポート業務の根幹にあります。

 

 

LINE友だち追加後にキーワード
「コンセプト」で見込み客の心をわしづかみにする「コンセプトライティング有料動画」を無料プレゼントするのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です