こんにちは、藤井悠平です。

もうすぐ、年末になりますね。

そこで、長年運用してきた自社のWEBや会員制限定サイトなど、
リニューアルしたいと考えている方は結構いらっしゃるかと思います。

WEBデザインのイメージを簡単に変えたいという方は
ヘッダー画像のデザインの切り替えが一番手っ取り早いです。

しかし、

 

・印象に残るヘッダー画像を考えても思い浮かばない・・・

・イメージチェンジできるヘッダー画像が作れない・・・

・費用をかけずに簡単にヘッダー画像を作りたい・・・

 

っと、こんな壁にぶち当たっている方。

そんな悩みを解決するためにも、
簡単にあなたのWEBサイトのヘッダー画像を

『1500円』だけでオリジナル画像を
外注する方法をお伝えいたします!

 

1500円でどんなヘッダー画像ができるの?

今回も、私自身の経験をもとにご紹介します。

ヘッダー画像の作成を依頼したのは、
『クラウドワークス』です。

前回もお話したように、
プロのフリーランスデザイナーの方が
たくさんいるので、外注をするなら活用するほかありません。

そして、、、

こちらが1500円で作成したもらったヘッダー画像です。

WEBサイトが、30代キャリアウーマンのための
“お金の知識”をテーマにしたサイトだったため、

イメージしやすいようなヘッダー画像の作成を注文しました。

応募から製作までの所要日数は、
2日~3日程度です。

ABテストを繰り返すときに採用しやすい!

たった、1500円で印象強いヘッダー画像を
制作してもらうことができるため、

ウェブマーケテイングのABテストと相性がいいです。

ABテストとなれば、ヘッダー画像のデザインを変えたり
画像の文章や校正を素早く変える必要があります。

そんなときに、広告運用後のフィードバックした内容で
ヘッダー画像の作成していけば、

より反応の高いヘッダー画像を作ることができます。

10枚のヘッダー画像を作成しても、1万5000円の経費で
テストをすることができます。

小さな予算で、素早くテストを繰り返し
マーケテイングを調整していく。

効率よくマーケティングの調整をしたい方も
活用できる方法になります!

 

クラウドワークスでヘッダー画像の作成依頼をする方法

それでは、クラウドワークスでヘッダー画像の作成を
実際に依頼していきましょう。

外注をしてみたい方、試してみたい方は
応募だけでも取ってみてくださいね。

 

ステップ1:クラウドワークスにログインする。

※会員登録はメールアドレスを入力するだけでできます。

ステップ2:クライアント(発注者)メニューに切り替える

ステップ3:『新しい仕事を依頼』をクリックする

ステップ4:『デザイン』選択⇒『バナー作成』選択

 

ステップ5:『プロジェクト形式』を選択する

※おすすめはコンペ形式となっていますが、
ヘッダー画像の作成であれば、プロジェクト形式が良いです。
プロジェクト形式は、応募者の中から一人と契約を結び
案件を依頼する方法になります。

ステップ6:仕事の内容を入力する

※下記の内容をコピー&貼り付けにて
ご活用くださいませ。

●仕事タイトル: 例 【1500円ヘッダー画像】サイトに適したヘッダー作成!

●目的・概要:

例:

指定したサイトの適したヘッダーを
作成して頂けるスタッフ様を募集しております。

今回は下記のサイトのに適したヘッダーを
作成して頂きたいと思います

→WEBページURLを記載する

 

●依頼詳細:

例:

■サイトテーマ

【あなたのサイトのテーマを記入してください。】

■ターゲットユーザー

【あなたのサイトのターゲット 年齢・性別等を記入しましょう。】

■求めている画像のイメージ

【あなたの作成してほしい画像イメージを記入しましょう。】

女性向けの明るいイメージ画像。

信頼のできそうなイメージ

知識をしっかりと学べる塾という
イメージをできるヘッダーイメージ

 

■画像に入れてほしい文章

【ヘッダー画像の中に入れたい文字を記載しましょう。】

■画像サイズ

1000×350 

900×300

※サイズを変換して頂ければ結構です。

■求めるヘッダー画像内容

 

・「このサイトには私の求めている情報がある!」

・「このサイトは信頼できそうだ」

・「もっとこのサイトの情報を知りたいな」

 

っといったイメージを伝えられる画像を作成してください。

 

■作業内容

 

・サイトに適したヘッダー画像を1枚作成すること

 

■報酬単価

 

1画像 1500円

 

●依頼詳細: 例

・希望イメージ: あなたのWEBに適したイメージを選択しましょう

・バナーサイズ:あなたのWEBに必要なサイズを選択しましょう

 

・希望する色:あなたのイメージする配色を選びましょう

・納品ファイル :JPEG イラストレーターまたはフォトショップ形式

・重要視する点・経験:

例 納期をしっかりと守り、コミュニケーションがスムーズに取れる方。
スカイプやチャットワークでの打ち合わせが可能な方

・注意点・禁止事項

例 画像に使用するものは他社の著作物は使用しないこと
弊社に納品したデータは使わないこと

・その他のコメント:ご自由にお書きください

・応募者への質問:デザイナーの経験日数と今の保有資格または実務の報告をしてもらうこと。

 

・求めるスキル: イラストレーターまたはフォトショップ

・添付ファイル・特記事項・会社名もなくてもよい。

 

ステップ7:予算と支払い方法を決める

・応募期限:7日以内を目安に設定しましょう。

・支払い方式:固定報酬制

・希望する契約人数:1人を選択

・予算 5000円未満を選択

・納品希望日:1週間~2週間目安に設定する

ステップ7:オプション追加をせずに、確認画面に進みましょう。

ステップ8:内容に間違いなければ案件登録をしましょう。

 

これで、ヘッダー画像の作成を外注化することができます。

ちなみに上記の方法であれば、フェイスブックのバナー画像や
アフィリエイト関連のバナー画像を作成してもらうことが可能です。

外注管理は、社長の仕事ではない?

 

クラウドワークスなど、外注を使う際は
原則、あなたが管理しなくても大丈夫です。

先日紹介をした、在宅秘書サービスに管理をお願いしたり

https://goo.gl/j4KTqc

※先日の記事内容です。

従業員に外注のやり方を覚えてもらって、
予算と期限を決めて発注と調整をしたもらうことが
自由な時間を確保する上でも大切になります。

納品された制作物の最終チェックと
改善提案ができればベストな状態です。

外注を管理する外注又は、スタッフに任せられる体制を
整えることを忘れずにしましょう

 

ヘッダー画像のキャチコピーを自動で作る方法

せっかくヘッダー画像を外注するなら、
WEBい訪問した人の反応が高いヘッダーを作りたいはずです。

そこで、基本になるのはキャッチコピー。

初めて自社のランディングページを作成する方は、
自分で考えるのも一苦労かと思います。

そこで、簡単にキャッチコピー候補を無料で
作ることができるサイトを紹介します。

それが・・・

http://www.copymecha.com/

『コピーメカ』

コピーメカの使い方

コピーメカの使い方はシンプルです。

 

1:あなたが扱っている商品名又はサービス名を入れる 

2:消費者にしてほしい行動を選択する

3:あなたの商品名・サービス名に固有名詞がれば記入する。

4:キャッチコピー案を作成する

 

たったこれだけで、新しい切り口のキャッチコピーを
生み出すことができます。

ABテストをするときに、ネタ切しそうになったときに
参考にしてみてください。

 

最後に

クラウドワークスを活用することで、
会社のリソースを低単価で補てんすることが可能になります。

WEB制作部門だけではなく、
アンケート調査やチラシ作りといった
制作物も外注することが可能です。

てこの原理のように最小の予算で
最大の効果をもたらしていきましょう。

 

今日の一言アドバイス

『今のやっている仕事で、ほかの人でもできないか徹底的に考える!』

毎日やっている作業は、無意識のうちにやってしまいます。

ですが自分じゃなくてもできる作業は極力、
ほかの人にやってもらいましょう!

それでは、see you again !!!

 

PS:

最近、ドクターXにハマっています♪

米倉涼子のあのセリフ、いいですよね~

『いたしません!!!』

※私失敗しないので。ではなく(笑)

医療免許がなくてもできる仕事は
一切致しません。

このルール。

圧倒的な成果を出すためにも
社長以外でもできる仕事は致しません!

社長の必須ルールですね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です