中小企業経営者のお金の専門家 水嶋拓です。

 

本日は、銀行から、あなたの会社も貰うべきもの

をお伝えします。

銀行は、お金を貸してくれるところですから、

お金を貸してもらうのは当たり前。

 

それ以外に、あなたの会社がもらうべきものが

二つあります。

 

①仕事

あなたは銀行の紹介で、仕事をもらったことはありますか?

お金を貸してくれるところというイメージが強すぎると、

融資してもらえるかどうか?

融資条件の良し悪しばかり気になりますが、

それ以外に銀行からもらえることもあるのですよー。

 

私のお客様は、銀行から時々仕事をもらっています。

当然、その見返りに融資を受けたりしています。

その銀行の営業マンは、経営者をつなぐ役割をしています。

 

また、ただの紹介ではなく

「銀行」という圧倒的に信頼される機関からの紹介ですので、

同業者からの紹介や、紹介営業の営業マンからの紹介とは

わけが違います。

 

あなたが経営者なら、

自社の売上を上げなければなりません。

利益を出し続けなければなりません。

それに協力してくれる人を探すのです。

 

銀行マンには、色々なタイプがいますが、

経営者をつなげたがる人も中にはいます。

 

そういう人を大事にすれば、会社は売上を銀行さんのおかげで

上げることができるのです。

もし1つの銀行から仕事をもらうことが出来たら、

そのことを他の銀行に話せばいいのです。

他の銀行も考えてくれるようにはなります。

 

もしすぐには厳しくても、

「今すぐにはお客様はご紹介できないので、

金利はここまで下げさせて頂きます」

とか

「通常なら短期融資のところを長期にさせて頂きます」

と言うかもしれません。

横展開ですね。

 

あまり上から話しては、彼らのプライドを傷つけるので

よろしくないですが、

仲良くなってきたかな??

信頼されてきたかな?

というタイミングで切り出してください。

 

自分の力で、顧客を増やすことはとても大事です。

人に依存ばかりしてはダメです。

しかし、あなたは銀行から仕事がもらえるかも?

って考えたことありますか?

 

そして、いいことをしてくれた銀行マンには、

その人が欲しがる実績を与えてあげればいいのです。

こういったことが効くのは、

地域密着系の銀行です。

メガバンクの人が、中小企業をつなげるわけはないですからね。

 

だから、以前もお話ししたように、

地域密着系(第二地方銀行・信金・信組)

あなたが付き合うべき金融機関なのです。

 

あなたは、この金融機関に誠実でなければなりません。

相手が欲しいのは、あなたの会社のリアルな情報と

将来性です。

それを把握すれば、融資においても当然有利ですし、

副次的に、貰えるものがあるかもしれないということです。

 

それには、出来れば事業計画書があればいいですよね。

あと、

その金融機関への定期訪問も喜ばれます。

 

あなたの会社がいいときも悪いときもです。

相手から見て、ちゃんと報告してくれる会社

にならなければなりません。

 

②買収先

①の仕事という場合、協業という形もあり得るかもしれません。

ここで申し上げているのは、純粋な買収先です。

中小企業の経営者は、自分の仕事のことばかり考えています。

それはそうですよね。

 

しかしこれからの中小企業は、売買が増えて行きます。

後継者がいなくなる会社が、どんどん増えていますからね。

 

また、景気の波で資金繰りが厳しくなったりする会社も

2020年以降増えてきます。

 

会社が大きくなっていく過程には、合併や買収は

必須です。

小さい会社が、グンッ!と伸びのはたいていこの理由です。

経営者としてこのイメージを持っていないと

取り残されることになるでしょう。

 

真面目に仕事しているだけでは、

勝ちきれない世の中になってきています。

 

円が強く、人材が豊富で、

真面目に仕事だけやっていれば一定の裕福が叶う

というような高度経済成長のような時代は、もう終わったのです。

 

こういった視点を持っている経営者が

生き残っていくと私は考えます。

 

少し話がそれましたが、

買収先を紹介してもらえるようになるべきです。

 

相手は後継者がいない。

あなたはその会社の人材が欲しい。

話がうまくまとまれば、

人材採用にかかっている経費などは、

いらなくなりますよね?

 

まして、銀行の紹介ですよ?

信用は半端ないわけです。

 

その銀行も、あなたが買おうとしている会社が潰れてしまうと

お金の回収が出来なくなり困るわけです。

しかも、地域に密着している銀行ですから、

尚のことです。

銀行側にもWINがあるのです。

 

こういう視点で物を見る経営者は、

例えば信用調査会社(帝国データバンクや商工リサーチ)の営業マンも

上手く使います。

同業のライバルの情報をとったり、

資金面でしんどい会社があれば情報が入ってくるように

周りを動かしています。

こういった情報が、銀行その他から入る会社になるためには、

当然、経営が順調でなければなりません。

そして且つ、先述した銀行側の欲しい情報も提供しなければなりません。

 

そしてそれが、事業計画書なのです。

 

融資において事業系くしょが大切なことは昔お話ししましたが、

こういった情報を得るためにも大切なのです。

 

今までの会社の経歴と今後のビジョン

どちらも必要です。

 

こういったことを話すことがカッコ悪い

と思っている人がいるなら、残念です。

「男は黙って〇〇ビール」

的な時代は、もう終わっているのです。

銀行も使いようではないですか?

 

チャレンジすると、あなたの会社が一気に変わるかもですよ。

 

銀行マンは、いろんな情報を持っていますからねー。

 

 

LINE友だち追加後にキーワード
「コンセプト」で見込み客の心をわしづかみにする「コンセプトライティング有料動画」を無料プレゼントするのだ。

 

 

2 Responses to 銀行からあなたの会社がもらうべき、融資以外の2つのもの?

  1. 吉本辰夫 より:

    な~るほどですね
    振り返ってみれば、紹介に前向きな金融機関もありましたので、こちらも一歩踏み込んでみたいとおもいます

    そしてM&A
    今までは海外や大手の企業のことだと思ってましたが、後継者問題もうそうですが、吸収合併に負のすり込みがあったのですが、今回のメルマガでこれからは、中小といえども充分に視野にいれる必要があることが実感できました

    いつも経営に沿った、そして直ぐにでもできる提案を頂けるので助かります
    BOSSマガ最強!!!

    • 水嶋拓 水嶋拓 より:

      吉本 様

      いつもコメントありがとうございます。水嶋拓です。

      銀行に対してのイメージが変われば、大変嬉しいです。

      銀行以外アの、士業や信用調査会社も、同じような手法で
      御社の味方にしていってくださいねー。

      応援しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です