中小企業の「お金」に関する専門家 水嶋拓です。

 

・頼りにならない税理士

 

会社のお金の問題で経営者の方が相談する機会が多いのは、

銀行の方と税理士さんになるでしょう。

 

今日は税理士さんについてお話しします。

 

税理士さんの仕事は、法人から税金を適正に国に納める手助けをしているお仕事です。

そのために作るのが決算書です。

 

私は仕事柄、中小企業の経営者のコンサルティングをしておりますので

経営者の方と決算についてもお話をいたしますが、そこで税理士さんのお話になります。

 

決算書を見せて頂いて、社長のお話を聞くと、

税理士さんは本当にピンキリだなーと思います。

 

決算書に載るべき項目が載っていなかったり、

載せるべきでないものが載っていることもよくあります。

 

法人の数が増えていないのに、税理の数ばかり増えています。

 

ライバルが多くなると価格競争になり、

「安かろう悪かろう」がでてくるのも仕方がないというのが現状です。

 

中小企業は税理士さんを頼りにしていて

「先生」と呼んで敬意を払っておられますが、

彼らは自分の顧問料がずっと続いてもらえることを目標にしています。

 

あなたの会社の売上を上げたり、

人材についての問題を解決したり、

銀行の融資を引き出したりは出来ません。

 

そういうことは彼らの仕事ではないのです。

 

中小企業の経営者は税金を払うことが嫌いな方が多いです。

税金をなるべく払わないでいい方法などを、

少しアドバイスをしてくれる方もおられるようですが、

経営計画に基づいてのアドバイスではありません。

 

場当たり的で、あなたの会社が何を目指しているのかを

具体的に知ってアドバイスをしてくれる人はほぼいないと言っていいでしょう。

 

税理士さんに頼り過ぎないでください。

 

中小企業の経営者さんは、

決算にまつわるお金に関する知識をある程度自分で知っておく必要があると

私は考えます。

 

1人の税理士とずっと付き合うのではなく、

他の税理士からも知識を引き出す方がベターです。

 

そこまでできないのならば、ご

自身で会計の基本的な知識を得る努力をする必要があります。

 

中小企業の経営者は、この知識が圧倒的に欠けています。

 

何故か?

 

学ぶ機会がないからです。

 

ほとんどの経営者は、

その会社の生業についての専門家です。

 

昔勤め人だった人がほとんどだと思います。

人生で1回も会社に勤めたことのない人はほとんどいないです。

 

つまり、その努めていた会社で優秀だった方が独立をするのです。

 

何をもって優秀というのか?

 

例えば開発が出来たり、営業が出来たりする人です。

経理・会計について優秀だった人ではないのです。

 

昔の会社でほとんど経験していないお金のことを、

創業したとたんにやらなければならなくなるのです。

 

「資金繰り」と言われるものですね。

 

好きか嫌いかは別として、経営者になったからには会社を潰すわけにはいきません。

 

会社は創業以来連続赤字でも潰れません。

従業員が辞めても潰れません。

 

会社がつぶれるただ一つの原因は、資金がなくなることです。

 

経営者になったならば、資金を途切れさせないために、

必要な知識を得る必要があるのです。

 

税理士さんに

「顧問先から融資の相談をされた際、適切なアドバイスができますか?」

という質問に対して86%の方が「できない」と答えていらっしゃいます。

 

このことからもあなたの会社からお金を取ることは出来るが、

あなたの会社にお金を持ってくることができないことがよくわかります。

 

税理士さんに頼らないで下さい。

彼らはあなたの会社を助けてはくれません。

 

 

LINE友だち追加後にキーワード
「コンセプト」で見込み客の心をわしづかみにする「コンセプトライティング有料動画」を無料プレゼントするのだ。

4 Responses to 頼りにならない税理士先生

  1. 田口 より:

    美容室を営んでおります。従兄弟が税理士さんでほぼ任せっきりです。身内なので信頼していますが、専門分野があると耳にしたことがあります。良い税理士さんの見分け方をご伝授いただけると光栄です。よろしくお願いします。

    • 鈴木 しゅん より:

      田口さん、コメントありがとうございます〜!
      はい。税理士さんですね。僕も税理士事務所に3年間勤務していたので、その業界のことはよく知っています。
      さて、良い税理士の見分け方ですが、
      僕なりの回答になりますが以下の点になります。
      1.毎月月初(5日まで)に前月までの試算表が出せる体制を整えてくれる・・これは会社の仕組みも必要です。
      2.税経というところが出している税理士だよりではなく、個別のニュースレターを毎月発行している。もしくは毎月クライアントを集合させて税務の勉強会を開いてくれる。
      3.同じ業界の他社の平均的な粗利益率や営業利益率、スタッフ一人あたりの売上や粗利益などを教えてくれる
      4.脱税かどうかわからない、税務職員との見解の違いがでるような節税アドバイスをしない
      5.税務調査のときにきちんと反論意見を言ってくれる
      6.わかりやすい言葉で説明をしてくれる
      7.固定資産が大きい会社に対しては、決算時だけでなく、毎月予測で減価償却費を計上してくれる。売掛・買掛も毎月計上、消込みが基本です。決算時にまとめて洗替法で処理してはダメです。
        (決算時に大きく利益がブレない会計システムをとってくれる。少しの手間でできますので、やらせてください。)
      このくらいでしょうか。
      基本的に税理士に経営改善のアドバイスを求めてもダメです。
      集客も知らないし、自分の決算書の状況がわるい税理士って多いのが現状です。
      多くの税理士が、
      「売上をあげてください」とか「利益率をあげてください」などのアタリマエのことしか言いません。
      どう上げるかについてなにも語れないのです。
      なので、ちゃんとした数字を月初に出せることが一番税理士にたいして期待することです。
      そして、通達のみでしょっちゅう変わる税制、税法について勉強会を開いてくれる税理士が理想です。
      クライアントと共に成長する。そんな税理士事務所があればGoodですね。
      ご参考まで。

      • 田口 より:

        すごく参考になりました。しっかりメモさせていただきました(^ ^)当店のような零細企業ですと、選ぶ税理士も限られるかもしれませんが、今後のために勉強させていただきます。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です