引きこもり系セールスライター登場!?

ボスマガ読者の皆様、
こんにちは!

初めまして、
セールスライターの里見と申します。

以前からこのボスマガで
ブログは書かせていただいておりましたが、

この4月から月曜日の
メルマガ執筆担当となりましたので、

改めてご挨拶を
させていただきたいと思います。

メルマガ担当1通目なので
少し真面目に・・・
と思いましたが、

ボスこと鈴木しゅんさんから、

「社長の暇つぶしになるような!」
「面白いもの書いて!!」

という指令がありました。

せっかくのなので僕の恥ずかしい過去の
暴露と共に
自己紹介したいと思います・・・笑

改めまして、
名前は里見和幸と申します。
現在愛知県の名古屋市に住んでおり、

セールスライター、
マーケティングのコンサルタントとして
活動しています。

セールスライターとは、
インターネット、オンライン、
もしくはオフラインから、


あなたにとっての理想のお客さん。
あなたのファンを連れてくる仕事です!

 

突然ですがここで質問です。

 

あなたの理想のお客さんはどんな人ですか?
あなたのファンを連れてくるとどうなると思いますか?

・はじめから買う気マンマンでいる
・高い商品でも喜んで買ってくれる
・相見積、他者比較をしない
・値引きを要求してこない
・あなたが良いと言ったものを無条件で買ってくれる(笑)
・とにかくあなたのことを褒めてくれる
・あなたのファンでだから長い間売上に貢献してくれる

いかがでしょうか?
想像しただけでワクワクしてきませんか??

セールスライターとは
こんな状態を作るために
ありとあらゆることをする仕事なのです!

 

自社ホームページ、ブログ、メルマガ、ステップメール、折り込みチラシ、ハガキDM、パンフレット、リーフレット、youtube動画、LINE@、ツイッター、Instagram、FBの投稿・・・

 

このように、ありとあらゆるプロモーションに必要なコンテンツの根本にセールスライティングのスキルが必要となるのです。

 

そしてセールスライティングのヒントは
日常のあらゆる所に落ちています。

 

ですので、このボスマガでは
セールスライティングのスキルは
もちろんのこと・・

 

日常での気づきや
何か生活であったことなどを
セールスライティング的に
捉えるとどうなるのか??

 

もしくはビジネスに
役立てるためのヒントや考え方・・・

 

そのようなことを
どんどん発信していこうと思います!

 

今回はメルマガとして紹介されるのが
初めてですので、
僕の個人的な自己紹介をさせてください!

 

現在、愛知県の名古屋市に住んでおります。

 

先ほども申し上げたように、
主に起業家や経営者の方の
集客や売上アップのための
セールスライティング、

 

そしてマーケティングについての
コンサルティングなどをしております。

 

と・・・実をいうと僕は
まだ会社にも勤めてもいるのです。

 

月の半分(13〜15日程度)を
会社員として勤めながら、
空いている時間や

休みの日にフリーランスのセールスライターや
コンサル活動をしているわけなんです。

 

最近よく聞くバイラルキャリア、
というやつなんでしょうか?

 

実は今でこそ、
コンサルやセミナー講師などを
させて頂いておりますが、

 

人見知りがとても激しく、
いわゆるコミュニケーション障害
コミュ障と呼ばれているレベルでした・・・汗

 

実際に「中学校には3ヶ月間」しか
通っていないというようなエピソードもあります。

 

他にも、郵便局に郵便物を送ること時に
「これを送ってください」
という一言が言えずに・・・
カウンターの前でモジモジしていました。

 

それを見かねた郵便局の人が、
「君、どうしたの?それ送りたいの?」
と 言われて、

 

ようやく首を縦に振るような
そんなエピソードであったりとか・・

 

他にも、

 

好きな女の子に電話をしたけど
話す話題が見つからずに
30分間無言のまま、
そのまま切ってしまった。

などというようなエピソードもあります。

 

もはや完全に迷惑な人間ですよね!笑

 

しかし僕は今までの人生を何とか変えたい
このままでは嫌だというような強い思いがありました。

 

そして色々な教材稼ぐ系であったりとか
せどり・転売・アフィリエイトだとか、
そういったものですね。

色々と学びましたがどれも中途半端に終わっていました。

 

最終的に行き着いたのが
セールスライティングというスキルです。

 

このスキルがあれば
日本中の起業家経営者の人の役に
立てるんじゃないか?

というか仕事に困らないんじゃないか?
と思ったのが本音ですが、笑

とにかく僕は、
セールスライティングの専門家になろうと思いました

 

このボスマガでは中小企業の経営者の方や
起業家の方が多いと思います。

ですので、
そういった方の集客や売上アップにつながる
コンテンツをどんどん発信していきたいと思います。

 

僕自身の強みとしては見込み客視点で
感情や心理にフォーカスした
セールスライティングや
マーケティングフローの構築です。

 

先ほども紹介したように
過去に引きこもっていた経験がありますので
人の顔色や感情を探る癖がついていました。

 

ですので、人の感情の動き
どういった心理状況にいるのか?

そういったことを想像したり察知したり
感じ取る能力が高いと自負しています

 

人の顔色を伺ったり何かを思い込んだりすることで
人とのコミュニケーションが
うまく取れなかった時期がありましたが・・・

今では逆にその経験が
セールスコピーライティングに
生かされていると思っております!

セールスライティングとは
煽ったり 、無理やり売りつけたりする・・
そんなスキルではありません。

見込み客の感情、
現在抱えている悩みにフォーカスをして
どんな未来を与えることができるのか?

自分本位ではなく、
売りつけるのではなく
見込み客から欲しい!と言ってもらえる・・

そんな状態になることが理想であると思っています。

そのためには、
あなたの商品が持っている本当の価値
あなた自身がどんな思いでビジネスをやっているのか?

 

そういうものを正確に伝えることで
あなたのファンを引き寄せ、

そして本当に価値のある商品を
少しでも多くの人に届けることができる。

そんなスキルであると思っております。

 

ですのでこれからは
セールスライティングを
テクニックだけではなく

 

考え方、マインドについても
お伝えできればと思っています。

 

月曜日にメルマガを発信していきますので
楽しみにしておいてくださいね。

 

LINE友だち追加後にキーワード
「コンセプト」で見込み客の心をわしづかみにする「コンセプトライティング有料動画」を無料プレゼントするのだ。

2 COMMENTS

アバター 坂本國繁

私はたぶん「空気を読む能力」が先天的に欠如しています。

私は発達障害をもっているのです。この「障害」は英語ではdisorderで「無秩序、混乱、乱雑、(社会的・政治的な)不穏、騒動、騒乱、(心身機能の)不調、障害、(軽い)病気」という意味で「障害」という日本語は適切ではないのかもしれません。医師によっては「発達アンバランス症候群」の方が適切だというひともいるくらいです。

発達障害を持っているひとでそうなるひとが時々いるようです。黒柳徹子さんがそうですね。一頃「部屋芸人」という徹子の部屋で困った経験がある芸人さんたちがいたくらいです。

私は世間で要求される「普通」ではありません。そしてできないことは徹底的にできません。でもできるところはとんでもなくできるのです。「凸凹」なんです。

エジソンとか坂本龍馬とかジョンFケネディも発達障害ですね。

結果「ひとに使わるのは無理」だったので起業しました。そうするしかありませんでした。

返信する
里見 和幸 里見 和幸

坂本さん
コメントありがとうございます!
障害という言葉がよくないですね。
僕は個性であると思っています。
そもそも「平均」「普通」なんてのはたくさんの中から無理やり決めた平均値であって、「普通の人」なんてのはいないと思っています。
そんな「普通の人」に無理やり当てはめようとするからおかしくなるんですよね。
その中でもどうしても枠に収まりきらなかった人が起業するというケースは多いのかもしれないですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です